仮想通貨とは?

仮想通貨とは何か?トークンと何が違うのか?

大きなくくりで見ると、仮想通貨もトークンも「仮想通貨」であるということがいえます。
しかし実際には、ビットコインやイーサリアムなどに代表される仮想通貨とトークンには明確な違いが存在するのです。

仮想通貨には決まった管理者が存在しない

ビットコインやイーサリアム、ネムやリップルといったものが、皆さんもよく知っている「仮想通貨」です。

これらの仮想通貨には、基本的に決まった管理者が存在していません。世界中の人々のコンピューターで分散してデータを持ち合い、共同で管理しているといったイメージです。

また、仮想通貨には管理者が存在しないため、通貨を新規に発行する際には「マイニング(採掘)」と呼ばれる作業が必要になります。

マイニングとは、取引データの整合性を確かめる作業のことで、有志者の手によって行われています。マイニングの報酬としてビットコインなどのコインが支払われる(=新規に通貨が発行される)という仕組みです。

さらに最初から発行上限数が決められており、値動きが激しくなりすぎないように、市場での流通量が自動的に制御されるというのも仮想通貨の大きな特徴です。

仮想通貨は独自のブロックチェーンを所有している

個々の取引データ(ブロック)を一か所でまとめて管理するのではなく、世界中の人々が分散して管理することができる技術のことをブロックチェーンと呼んでいます。

ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨は独自のブロックチェーンを持っており、コインの新規発行などをおこなっています。

ブロックチェーンの仕組みは最初からプログラムされているものであるため、その仕組みを勝手に変えることができないようになっています。

トークンとは何か?どんな仕組みになっているのか?

決まった管理者が存在せず、それぞれが独自のブロックチェーンを持っているのが仮想通貨の特質であると述べました。
では、トークンは一体どのような特徴を持っているのでしょうか?

トークンには明確な管理者が存在する

仮想通貨と違い、トークンには明確な管理者が存在します。
銀行ですべてのお金の動きを把握しているように、
トークンの開発者によってすべての動きが管理される仕組みになっています。

ですから、仮想通貨のようにマイニングを行うことはできません。
また、トークンを市場にどれだけ流通させるか、発行枚数をどの程度にするかといったことも、発行者の権限によって設定することが可能なのです。

そのため、資金を調達したいと考えている企業や個人がトークンを発行し、
消費者にトークンの購入を勧めるというケースもあります。
「トークンは株式に似ている」とよく言われるのは、こうした背景があるからといえるでしょう。

トークンは独自のブロックチェーンを持っていない

トークンは他の仮想通貨が持っているようなブロックチェーンを持ちません。
そのため、既存の仮想通貨のブロックチェーンをベースにしてトークンは開発されています。

このことから、独自のブロックチェーンを持たず、他のブロックチェーンを基礎として成り立っているのがトークンであるということができます。

2018/08/15