オンラインウォレットの基礎知識

1.オンラインの仮想通貨ウォレットは危険?

まずは仮想通貨のオンラインウォレットですが、どんなものなのかオンラインウォレットについてと、利用する事で得られるメリットについて説明していきます。

1-1. オンラインウォレットとは?

そもそもウォレットとは財布の意味で、ここでは仮想通貨の財布であり口座の役割を果たしています。分かり易く言うと口座番号がアドレスで、そこに送金をすると残高が増えるという仕組みになっています。また、銀行口座と一緒で暗証番号の役割でロックする事も出来ます。

オンラインウォレットには2つあり、取引所とウェブウォレットがあり、以下のようになっています。

取引所・・・一番利用されているウォレットで、取引所が用意したウォレットにそのまま仮想通貨を保管したりする方法です。

そのため取引所が倒産してしまったり、ニュースにもあったようにハッキング被害に遭ったりするとたちまち自分の資産が無くなってしまいます。そのためセキュリティとしては低い保管方法と言われています。

ウェブウォレット・・・こちらのウォレットはIDやパスワード等が設定して、webで利用できるサービスです。操作性も良く簡単に取引が出来る事と、取引所よりもセキュリティが高い事から安全に保管したいといった方はこちらを多く利用しています。

1-2.  オンラインウォレットのメリット、デメリット

オンラインウォレットの仕組みや特徴はお分かり頂けたと思いますので、ここからはオンラインウォレットのメリットとデメリットについて紹介致します。

【オンラインウォレットのメリット】

オンラインウォレットのメリットとして挙げれらるのは2点あります。

1点目はどの端末でも使用可能という事です。

インターネットがつながっていればPCやスマホでどの端末でも使用できるという事で、他のウォレットではダウンロードした端末でしか使用できない為、それに比べるより非常に便利だと言えます。

2点目はアカウント管理が便利だという事です。

ウォレットには秘密鍵と言われるものがあり、仮想通貨を利用する際に必要なパスワードがありますが、ここでは管理人が秘密鍵をウォレットサービスの管理人が管理している事により、自身では自分で設定した簡単なパスワードを覚えていれば良いという事になります。

その為ウェブサービスのような簡単なログインや操作ができるといった仕組みになっています。

※秘密鍵とは・・・仮想通貨を使用しているとよく聞く秘密鍵と公開鍵ですが、これはSNSでいうニックネームなんかが公開鍵(誰でも見れる)であり、ログイン時必要となるパスワードが秘密鍵(自分しかしらない)というイメージです。

オンラインウォレットでは以上のようになっており、非常に簡単で操作性が良く作られています。

また、付け加えるとすれば、オフラインウォレットでは端末が故障してしまうと、修理等で使用するまでに時間がかかったり面倒ですが、オンラインウォレットでは他の端末で使用出来るため影響が少ないと言われています。

【オンラインウォレットのデメリット】

オンラインウォレットのデメリットとしては1点だけで、安全性という点です。

こちらはオンラインという点ではどうしても避けられないという点でもあります。そのためハッキングなどの被害に遭わないという点については100%ではありません。

どんな方法にもメリットとデメリットが存在していますので、次項ではお勧めする使用方法をご紹介致します。

-仮想通貨