注目のICO 2018年版

2018/08/15

2018年に予定されているICOまとめ

2018年に人気が出そうなICOは、オリジン、オーキッド、オプティトークでしょう。

1 オリジンとは

オリジンはシェアリングエコノミーのマーケットプレイスを構築するためのプロトコル仮想通貨です。オリジンは、分散的な商品やサービスのバイヤーや売り手を分散したオープンなネット上で処理が行われます。

イーサリアムブロックチェーンと惑星間ファイルシステムを使用することで、プラットフォームとコミュニティが分散され、伝統的な仲介者のないサービス商品の作成が可能です。

オリジンはイーサリアムとブロックチェーン技術を利用して、しかも商品は中立的立場で機能するようですから、安全かつ透過的なシステムで管理されます。

2 オーキッドとは

オーキッドはブラウジングやネットサーフィンなどのプライベート情報を保護するためのオープンソース・プロトコルです。匿名化を可能にし、中国や北朝鮮などの国ではインターネットの検問が厳しいのですが、日本やアメリカでも監視されていないとは限りません。

オーキッドではインターネットで監視や検問から保護する目的で作られたプロジェクトだといえます。オーキッドは分散型のP2Pネットワークを構築して、人が監視や管理をされない環境で自由にコミュニケーションが行われるプラットフォームを目指しています。

そんな意味でも2018年で注目されているICOで、イーサリアムの開発担当者であるGavinWood氏も押している仮想通貨です。

3 オプティトークンとは

オプティトークンのアルゴリズムが用いるトレーディング戦略とは、2017年11月以降ビットコインを上回る成果を上げているという実績があります。

オプティトークンは初めてのアルゴリズムでトレードされるハイパーデフレ仮想通貨で、トークンにされたポートフォリオを経由して自動的に価値を分配するシステムになっています。

>>注目のトークン「DMCコイン」とは?

-仮想通貨