ブロックチェーンのメリットデメリット

ブロックチェーンのメリット

〇セキュリティが高い

安全性については、かなり高いと言われています。ブロックチェーンは分散型ネットワークで、参加者全員が台帳を確認する事ができます。その為、何かおかしなことや相違があればすぐにわかります。

台帳記入への承認も単体ではしませんので、不正につながりにくいという事です。更に言うと、一般的なお金の取引などでは、銀行が仲介に入って、責任をもって取引しています。その銀行が変な気を起こせば、不正ができてしまいます。このような事態にならないのもブロックチェーンのメリットです。

〇低コストでの運用が可能

ブロックチェーンでは複数のコンピュータで管理しています。その為中枢となるコンピュータを用意する必要がありません。その為、初期投資費用が抑えられます。

また、それに伴い手数料も安く設定できるようになるのではないでしょうか?

〇システムダウンしにくい

中央集権型では1つのコンピュータで全てを管理しています。
(あっても数台です)そのコンピュータが故障してしまったらどうなるでしょう?サービスが停止してしまいます。

一方ブロックチェーンの分散型技術では、複数のコンピュータで管理しており、台帳も誰でも見る事ができます。

なので、数台のコンピュータが故障したとしても、システムダウンするという事はありません。

〇仲介を挟まず直接取引

ブロックチェーン技術では仮想通貨でもわかるように、銀行のような仲介を挟むことなく、取引が可能です。ここでも手数料を抑える事が出来るともいわれています。このようにしてブロックチェーンには色々なメリットがあります。

一方もちろんデメリットも存在しますので、紹介致します。

ブロックチェーンのデメリット

〇多数の参加者が必要

ブロックチェーンには複数のコンピュータが必要です。仮想通貨では有志を募り参加者を集めています。その参加者にはブロックチェーンに参加すると、条件を満たせば報酬が受け取れます。その為参加者も多く、ブロックチェーンが成り立っています。

この事から、反対に言うと多数の参加者がいないと成り立たない仕組みでもあるという事です。

〇法整備が進んでいない

ブロックチェーン技術に関しては、まだ法整備などが進んでいません。その為、今後どのような規制が出るかわかりません。

また、素晴らしい技術のため、これが犯罪など悪用された場合、最悪のケースではブロックチェーンは不可となる事も?

このようにまだ新しい技術で、この先どのような対応となるか不透明なため、不安もあります。

〇本物の証明が出来ない

ブロックチェーンは台帳記入後には、改ざんされたかどうか等は複数のコンピュータで確認する事ができます。その為、依然のデータが改ざんされていないかどうかの正誤は確認できます。

しかし元から間違ったデータをブロックチェーンに取り込んでも、そのまま台帳に記録されるだけです。そのため、今後はまずデータが間違っているものかどうか、この判断が重要となり、AIと併用するのが良いのではないかと言われています。このようにして、ブロックチェーンは今非常に注目を集めています。

この技術は今後世の中の仕組みを変えていくと言われています。

さて、この影響がベンチャー企業にどのような影響を及ぼすのか?新しい技術、特に大きな変化が起きようとしています。大手企業は中央集権型で業務をしており、仲介利益をえる事でも成長してきました。

今後この仲介利益がなくなるとしたら?これまでの大手企業は必要なくなるのではないか?とも言われています。

-仮想通貨