アルファロメオの賢い車検選び「ディーラー車検 vs民間車検」徹底比較

「外車の車検ってなんで高いの?」と疑問に持っている方は多いのではないでしょうか。

”高い”というイメージはディーラーでの車検から来るもので、民間車検業者を利用する事で車検費用を安く抑える事は充分に可能です。

しかし、「安すぎると不安…」という声があるのも事実ですよね。

そこで今回は、”なぜディーラー車検は高くなってしまうのか”を解説し、”安い民間車検業者の賢い活用法”について書いていきます。

車検を申し込む前に、まずは一読する事をオススメします。

1. アルファロメオディーラーの車検費用の相場はいくら?

1-1. 初回車検の費用相場

アルファロメオの初回(3年目)の費用相場ですが、総額約13万円ほどが平均のようです。

法定費用と車検整備費用、パーツ交換費用の平均と工賃などを合わせると上記の額になります。

「外国車のディーラー車検にしては安い」と思われる方もいるかと思いますが、これは購入から3年間のメンテナンスが保証される”メーカー基本保証”や”マキシマムケア”、”イージーケア”などによるところが大きいですね。

車種によって加入できるサポートプランが違い、車検時に最大2年まで延長する事が可能なものもあります。

これらのプランを利用する事により、こまめに純正パーツの交換を無償で行う事が可能となり、車検時のパーツ交換費用が抑えられるという事なんですね。

4年目、5年目と保証を継続したい場合は、車種によって”マキシマムケアプラス”や”エクステンデッドワランティープログラム”などもあり、これらによって3年目以降もオイル交換やパーツ交換の保証を受ける事が可能です。

しかし、延長サポートプランは全て有償となり、マキシマムケアプラスは2年延長の金額が

最大で約16万円、エクステンデッドワランティープログラムは約26万円と非常に高額です。

車検時にこれらの延長をプラスすると、総額が40万円をオーバーしてしまう形となり、「外車の車検は高い」と思われてしまう要因となるわけですね。

1-2. 2回目(5年目)以降の費用相場

アルファロメオは、サポートプランの延長が最大で5年、もしくは走行距離10万キロまでとされており、2回目以降はサポートプランの延長費用は掛かりません。

パーツ交換の量で費用がかなり左右されますが、約25~30万円ほどが相場となるようです。

故障時に交換が保証されるパーツは良いのですが、5年目ともなると保証対象外のパーツの不具合なども目立ってきます。

ディーラー車検の場合は、すべて純正パーツとの交換になりますので、故障箇所が1箇所増えるたびに数万円単位で上乗せされてしまうため、交換箇所が多いと40万円を上回る事もあるようですね。

2. アルファロメオのディーラー車検は高い?!オートバックス(民間車検)と費用を比較

それでは民間車検とディーラー車検でどのくらいの差が出るのかについて比較してみましょう。

比較方法として、法定費用と車検整備費用を算出し、交換パーツの費用と工賃の平均額を上乗せした数値で比較します。

民間車検の数値は、オートバックスで車検を行った場合の見積額から算出しています。

なお、車検費用に大きな差が出ると言われている2回目(5年目)以降の車検費用を目安にしています。

シリーズ アルファロメオディーラー オートバックス(民間車検)
MITO 約180,000円 約90,000円
GIULIETTA 約190,000円 約90,000円
STELVIO 約200,000円 約110,000円
4C 約180,000円 約90,000円

 

平均値で算出しますと上記のようになり、パーツの劣化によって交換箇所が多い場合、特に5年目以降になると走行距離が多くなるため、タイミングベルトの交換を余儀なくされる場合が多いようです。

ディーラーでのタイミングベルト交換は、パーツ費用と工賃を合わせて約70,000円ほどとなりますので、その場合は上記の金額に上乗せされる形になります。

平均の数値で約2倍の差が出てしまっていますので、ディーラー車検の費用の高さが際立つ結果となりました。

3. アルファロメオの車検費用が2回目(5年目)以降に高くなる理由

3-1. 車検費用の内訳

・法定費用

法定費用に関しては、ディーラー車検も民間車検も同額の費用となり、国産車と外国車の差もありません。

2t以下の例を挙げますと、自賠責保険が25,830円、重量税が32,800円、印紙代や手数料が1,800円ほどとなり、合計で60,430円になります。

”車検”という手続きをするにあたって必要な費用ですので、基本料金の1種というような認識で良いでしょう。

・車検整備費用

法定費用に対して、車検の整備・点検などを行う上で必要な費用となります。

法定費用と違い、車検整備費用については民間車検とディーラー車検で大きく差が開きます。

例えば民間車検の代表としてオートバックスの例を挙げますと、整備費用と点検費用を合わせて12,800円となっています。

ディーラー車検の場合は、整備費用が約40,000円、点検費用が約8,500円、車検代行費用が10,800円となっており、民間車検の5倍近くの金額となるため、ディーラー車検が高額になってしまう要因であることは間違いありません。

・その他のメンテナンス費用

主にオイル交換やパーツ交換の費用が加算されます。

ディーラー車検の場合、パーツ交換は全て純正パーツの交換で対応となりますので、民間車検と比べると高額になります。

また、完全に故障していない場合でも、故障が予期される場合は交換対象となりますので、予想より遥かに高額になってしまうという事も起こります。

3-2. 5年目、7年目を迎えるアルファロメオは部品の交換時期

アルファロメオのパーツは、国産車のパーツに比べると寿命が短いため、それによって車検時のパーツ交換費用が嵩んでしまうという事も考えられます。

また、外国車は外国の走行環境に合わせて作られていますので、日本の気候や走行環境において消耗が激しくなってしまうという事も理由として挙げられます。

国産車の場合は、ある程度手放しの状態でも壊れづらい耐久性を持っていますが、アルファロメオなどの外国産車は、こまめなケアを必要とする場合が多いです。

特に日本での走行に関してはブレーキ周りの消耗が激しく、初回の車検時にブレーキ周りの交換が行われるほどです。

そのため、5年以上の車検時は大幅なパーツ交換が行われ、パーツ費用と工賃で車検費用が上がってしまう例が非常に多く見られます。

3-3. アルファロメオは部品交換や修理費用、工賃が高い

アルファロメオは有償保証プランである”エクステンデッドワランティー”に加入している場合、5年以内もしくは走行距離10万キロまでは、パーツ費用と工賃が保証される形となりますが、その期間を終えてしまうと、全て自費での修理となります。

例えばボディの傷の修復などを例に挙げますと、ディーラーでの見積もりが120,000円だったのに対して、民間の板金塗装工場に持ち込んだ場合に40,000円で済んだという話もあります。

オイル交換などに関しても、ディーラーの場合は純正のオイルに純正のフィルタなどを使用しますので、一般的なオイル交換の2倍以上の費用が掛かると言われています。

3-4. 実はディーラー車検は外注マージンがかかる

ディーラー車検が高額になる要因として、提携している整備工場に外注する際に発生する”外注マージン”も挙げられます。

車検時にディーラーに車を持ち込んでも、そのディーラー内で車検を行うとは限りません。

車検に対する設備を持っていない場合もありますし、整備士を置いていないというケースもあります。

そうなった時に、提携先の工場に運んで車検を行う形になるわけですが、あくまで提携先ですので、車検を行う設備の使用や人件費が発生します。

その際の費用がどこから捻出されるのかと言いますと、ユーザーが支払う車検費用に上乗せされてしまうというわけです。

4. アルファロメオのディーラー車検と民間車検の違い

4-1. 車検費用の違い

ディーラー車検と民間車検を比べた時に、最も分かりやすいのは費用の差である事は間違いありません。

法定費用は同じですが、車検整備費用やパーツ交換費用で約2倍の差が出てしまいます。

”費用を抑える”という名目ですと、民間車検の方が遥かに有利であると言えますね。

4-2. 車検内容(点検・整備内容)の違い

アルファロメオのディーラー車検の場合、車載コンピューターや電気系統に直接アクセスする「wi TECH Plus」というシステムを点検に使用します。

パーツなどの細かい状況を短時間で知る事が可能で、購入時からどのように変化しているかなども分かるため、パーツの交換時期などを見極めやすいというメリットがあります。

wi TECH Plusは民間車検業者では扱っておらず、民間車検の場合はコンピューター関係などのメーカー独自の最新テクノロジーについては知識が少なく、業者によっては対応出来ないというケースもあります。

また、アルファロメオの整備士には、会社が求める高い水準を満たしている”サーティファイド”、サーティファイドの中でも更に高い技術水準を満たす”TECマエストロ”という2つの認定資格があり、アルファロメオの整備に関する知識や技術において、民間車検業者には無い部分を持ち合わせている事も特徴です。

民間車検業者の場合は、常にアルファロメオだけを見ているわけではありませんので、上記のようなアルファロメオに特化した知識や技術を求めるのは難しいと言えます。

しかし、ディーラーに無い要素として、パーツ交換時に純正パーツを使用しなくても良い事や、多少の不具合なら交換ではなく修理で対応してくれるなどの柔軟さを持っており、車検費用を抑える面では非常に有効であると言えるでしょう。

4-3. 信頼性の違い

アルファロメオに関する知識や技術に関しては、やはりディーラー車検の方が信頼性が高い事は間違いありません。

しかし、民間車検業者は全てのメーカーに対して一定以上の知識や技術を持ち、アフターサービスのプランも豊富に揃えている場合が多く、こちらも信頼性の面では充分に高いと言えます。

ただ、民間車検業者は業者によって設備や整備士の質にムラが大きいため、業者を見極める力は必要となります。

5. アルファロメオの車検を民間車検で受けるメリット・デメリット

5-1. メリット

・費用を格段に安く抑えられる

これまでも書いてきたとおり、民間車検を活用する事で、費用を半額近くまで抑える事が可能となっています。

車検費用の中の”車検代行料”に関しては、ディーラー車検のみの費用となりますし、工賃やパーツ費用に関しても、民間車検業者の方が格段に安く抑えられます。

「安いから不安」という声もあると思いますが、きちんと見極めて利用する事で、質の高い整備や点検を安価で受けられるケースも多くあります。

業者の見極めはとても重要ですが、車検を安価で済ませる事が出来るというのは最大のメリットと言えるでしょう。

・柔軟な”修理”対応

ディーラー車検の場合、不具合があるパーツは全て交換対応となります。

しかし、民間車検業者の場合は、多少の不具合であればパーツを修理する事で対応してくれる場合があり、そうなると費用も大幅に抑えられます。

また、交換するパーツに関しても、必ずしも純正パーツを使用するわけではなく、汎用パーツによる対応も可能なため、その点でも費用をカット出来ます。

・業者の選択肢が豊富

ディーラー車検と比べて、選択肢の幅広さは大きなメリットであると言えます。

カー用品店やガソリンスタンドなどでの車検も可能ですし、自分自身のスケジュールや予算、好みに合った業者を選んで車検を受ける事が出来ます。

5-2. デメリット

・設備や整備士の質にムラが大きい

民間車検業者といっても様々な業態があり、1つの業態の中でもピンからキリまであります。

そのため、きちんとした業者を見極める手間が掛かってしまうのがデメリットと言えます。

インターネット上の口コミや実際に車検を依頼したブログなどもありますので、業者のホームページや広告だけでなく、第三者が書いた情報も参考にして決めるのがオススメです。

・最新の技術に対応していない

ディーラー車検の場合は、ディーラーから技術提供や設備提供を受けている整備士が車検を行うため、アルファロメオの最新技術に則した整備が可能ですが、民間車検業者の場合は技術提供などを受けていません。

そのため、最新技術を使用している車載コンピューターなどに対応出来ない場合が多く、整備士自体の知識も不足している事も多々あります。

・メーカーの保証が受けられなくなる

民間車検の場合、エクステンデッドワランティーなどの延長保証サービスを受ける事が難しくなります。

民間車検業者の中には、幅広い保証サービスを行っている業者もありますので、車検を申し込む前に調べておく事が大切です。

6. アルファロメオディーラーの車検費用が高い!困った時の民間車検の選び方

6-1. 民間車検の種類

・オートバックスなどのカー用品店

大手チェーンのカー用品店ですと、料金設定やアフターサービスをホームページなどに明示している場合が多く、利用のしやすさでメリットがあります。

特に普段から通っているお店の場合、従業員とのコミュニケーションも取りやすいですし、申し込みまでの流れがスムーズになります。

従業員や整備士のレベルも一定水準は満たしており、保証などもきちんとしているため、安心して車検を任せることが出来ます。

・ガソリンスタンド

カー用品店と同様に、普段から利用する機会の多いガソリンスタンドの場合、車検の事に関する問い合わせや申し込みをしやすい所がメリットです。

料金設定もリーズナブルですし、車検において”依頼のしやすさ”は大きなアドバンテージであると言えます。

車検に対して腰が重い人には、カー用品店やガソリンスタンドなどの普段から通う場所で申し込む事がオススメですね。

・民間整備工場

民間整備工場には、1日車検に対応している”指定整備工場”と、そうではない”認定整備工場”があります。

1日車検はその日のうちに全ての作業を完了するため、「終わるまで代車を運転しないといけないのがイヤ」という人にはオススメの車検です。

整備士や設備の質のムラが大きいのがデメリットではありますが、修理を手広く行ってくれる工場も多いため、車検費用が大幅に安くなることも考えられます。

・フランチャイズ店

車検のみに特化した業態で、元々ある整備工場などをフランチャイズ化した店舗です。

料金設定がサポートプランなども明確に決まっており、ホームページなどに明示してあるため、費用を把握しやすいところがポイントと言えます。

また、マニュアルが完備されているため、車検後に費用が上乗せされたり、期日が延びたりというトラブルが少ないのも特徴の1つです。

6-1. 民間車検を選ぶ時の3つのポイント(○には数字を入れてください)

①費用だけではなくアフターサービスもチェック

民間車検業者は”安さ”をアピールしている業者が多いですが、安さだけで選ばない事がポイントです。

車検後に万が一トラブルが発生した時、どういったサポートが受けられるのかを把握しておく事で、リスクを最小限にする事が可能です。

”安さ”は頭の片隅に置いておいて、アフターサービスの充実度を先決に選ぶ事をオススメします。

②最初から1つの業者に決めない

民間車検業者選びのコツとして、「とりあえず見積もりを出してもらう」という事が非常に重要です。

ホームページなどに記載されている価格は、あくまで最低限の価格である場合が多く、実際に見積もりを出すと「思ったより高い」と感じてしまうケースが多々あります。

そのため、複数の業者に見積もりを出してもらい、その中から自分が最も納得できる業者を選定する事が大切です。

③アルファロメオの取り扱い実績

民間車検業者は、基本的に全てのメーカーの車検を請け負っていますので、「アルファロメオの車検経験がどのくらいあるのか」というのも業者を選ぶポイントになります。

”アルファロメオならお任せ!”のような触れ書きをホームページに記載している民間車検業者も少なからずあります。

そういった業者の方が設備も整っていますし、アルファロメオの整備にも慣れていますので、安心して車検を任せられ、車検後のトラブルに対するリスクも少なくなります。

7. アルファロメオの車検費用を抑えるなら民間車検業者の選び方がポイント!

いかがでしたでしょうか。

ディーラー車検はもちろん良いものではありますが、決して民間車検が安いから悪いというわけではありません。

選択肢も幅広いですし、良い業者を出会う事が出来れば、納得できる車検をディーラーの半額近い費用で受けられるわけですので、民間車検にも充分なメリットがあると言えるでしょう。

民間車検業者の費用に関しては、どこを選んでもディーラー車検よりは安くなりますので、まずはアフターサービスに着目し、「安心して任せられる事」に重点を置いて選んでみて下さい。

大切な愛車のケアもしつつ、お財布に優しい車検プランを立てるための参考になれば幸いですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です